FX初心者が勉強してもなかなか勝てないのは何故なのか

FXはまず勉強しなきゃと思ってFX初心者の方は必至で勉強されているかと思います。もちろんこのサイトを書いている僕もかなり勉強してきました。

でも、その中でなぜこんなにも勉強してもなかなか勝てないんだと思っている方もいるはずです。そんなFXの勉強について今回は記事を書いていきたいと思います。

▼▼動画はこちら▼▼

見て分かると実際に分かるの違い

まずはここなんですね。FXではあるあるではないでしょうか?当然リアルで見ている時っていうのは先が分からない。そして時間が経過してからチャートを見ると『ここエントリー出来たよね~』って現象がよくあると思うんです。

しかし、それまでで考えを止めれば思考停止です。

そこから「どう」考えて学んでいくかがとっても大切だという事です。

取り逃したと思ってるだけ

例えば、こういうチャートがあったとします。

その中で黄色の矢印の部分。この下落を取り逃したな~と考えたとしますね。先ほども言った通り、ただ取り逃したな~と思っていてはなんの成長もありません。

ここから考えるわけです。

こちらは先ほどのチャートの右側を少し消してみました。実際、下落していく前はこのようなチャートとして見えているわけです。

この時点で自分はどうチャートを見ていたのか?

ここからヒントを得ていくわけです。

『本当に下落していくのかな~』と疑ってチャートを見ていたのか?

『直近はすごい勢いで戻してきてるな~』とか。

おそらく人それぞれで見て思う事って違うと思います。ですが、自分が実際にどう見ていたのか?これを分析していかなければなりません。

しっかりと振り返りをしよう

この分析をする事によって色々と自分がどう見ていたのかが分かってくると思います。

すなわち、自分の弱点も見えてくるという事です。せっかくのエントリーポイントだったのに見逃したな~という方はこの振り返りが足りないので、次チャンスが回ってきても同じ失敗をするんです。

それではさっそく振り返っていきましょう。

こちらは先ほどの右側を消している時点で見える事を振り返っていきましょう。

この時点では僕のサイトやYouTubeを見ている方は分かるはず。押し安値が完成していた局面なんですね。これをおそらくみなさん理解が出来ると思います。

こうですよね。その押し安値だった部分を突破してきているわけです。これも押し安値と戻り高値を理解していれば容易に見抜けるはずです。

ちなみに、この時点で『えっ?』と思われた方は押し安値と戻り高値に対しての理解不足です。そりゃ~この部分が不明だったら下落も準備出来ないよねって自分の弱点が分かるわけです。

押し安値と戻り高値を理解する記事

例えば、この黄色のボックスの部分は勢いよく上昇してきていますよね。こういうポイントでせっかく押し安値を割り込んでトレンド転換しているけれども、目の前の値動きに翻弄されて売りを考えれなかった人もいるはずです。

目の前の値動きに翻弄される人も多いでしょう。

特に5分足などばかり見ている人。こういう人はこんな上昇があれば次の下落は入りにくいはず。

こういう振り返りをすると、本当に自分がどう見ていたのかが分かるんです。

画像にも書いていますが、後から見て分かるっていう事は実際にまだ自分自身の弱点が見抜けていないとも言えます。

動画やサイトでいくら見て分かった!なるほどな~と思っても実際では使えないというのはこういう事なんです。自分自身の弱点が見えていない人に多いです。

なので自分の弱点

特に綺麗に伸びていったのに入れなかった時は振り返りの作業をしてみてください。

取れなかったのではなく振り返る事

POINT・自分は下落前にどう見てたのか

・振り返りをして自分の弱点を知る

・本当に見てなかった下落であれば問題ない

FX初心者は一連の流れを忘れがち

これは以前にもFXセミナーでやりましたね。

まだ見ていない人は確認してくださいね。

ここもよくFX初心者の方は忘れがちなんですね。FXというものは1つだけが完璧でもなかなか勝てるものではありません。一連の流れがあって複数がかみ合うからこそ思惑の方向へ伸びていくんです。

この一連の流れも非常に見落としがちなので意識するようにしてください。

次は何をするのかを覚える

こちらは先ほどのチャートになります。それではこの押し安値を割り込んでから何をするのか?

これが頭にパッと浮かんだ方は大丈夫だと思います。

今回は少し違う感じで出しますが、基本的には同じ事です。

押し安値を割り込んだので高値の切下げ安値更新が見えますよね。って事は戻り高値が形成されますよね。

この押し安値や戻り高値って基準は目線の固定にもなるわけです。

なのでこの押し安値や戻り高値に素早く気づいていく事も非常に大切。ここに戻り高値を引ければ、先ほど短期足の上昇でアタフタしてしまう人も目線が下目線で固定できますよね。

そして次はお決まりのモノです。

このように押し安値を割り込んできたわけですね。なのでこの一連の下落に対して引けるものがあります。

押し安値を割り込んでトレンド転換してるんだから何を待つか?

戻しですよね。

フィボナッチリトレースメントですね。これを先ほどの一連の下落に対して引くわけです。

そうするとこのチャートでは50%あたりまで戻している事が見えますね。しかも戻り高値付近です。トレンド転換後に十分戻してきているのでそろそろこのあたりから売れないかと考えるわけです。

FXはこのようにある意味、流れ作業みたいに順番っていうものがあります。

どうなったら、どうするか?この一連の流れがFX初心者の人は忘れがちなので再度、意識するようにしてみてください。

FX初心者の独学について

FX初心者の中でも独学をしている人もいるかと思います。

僕は最初の基礎的な事こそ勉強しましたが、その後はほぼ独学でこの基準を作り上げました。なのでFX初心者でも独学で勝てるようになれるとは思います。

しかしながら、遠回りでもある可能性は高いです。

なぜかは失敗をたくさんして検証もしないといけないからです。その繰り返しなんです。

絶対に独学じゃなきゃ嫌って人はそのままでいいと思いますが、基本的に教わった方が成長としては早いと言えます。ただ、その自分でやり遂げる努力は素晴らしい。

情報元をしっかり見抜く

FX初心者で独学をしていく中で、一番の障害物があります。

それが情報元です。

これはしっかりと見極めないと永遠に負のスパイラルに入っていきますからね。なので独学していく上ではその情報を見抜く力も必要だという事です。

間違った情報を信じ続けても勝てません。

ここはしっかりと押さえておくべきポイントです。

とにかくFX初心者は忘れ物が多い

これは冒頭からお伝えしている事ですが、FX初心者の方は勉強をしたとしてもその後すぐに忘れてしまう事が多いんです。

特に見て勉強した気になっている方ほど忘れ物が多いと思います。

見て勉強もいいですが、自分でしっかりと理解した上で過去検証なりして一連の流れを覚えましょう。自分では気付きにくい点なので注意してください。

FX初心者が勉強しても勝てないまとめ

FXの本質部分を知ったところで自分が使いこなせなかったら全く意味がないんですね。

なので自分の弱点もしっかりと振り返る事が大切です。

自分は何をよく見逃しているのか?そもそも押し安値や戻り高値がちゃんと出来ていないのか?など様々な原因が考えられますので、振り返りをして気付く事が大切です。

多くのFX初心者はエントリーポイントに固執しますが、エントリーポイントも大切だけど一連の流れの中で自分が見落としているものも探してみてください。