FXエントリーポイントセミナー

FXエントリーポイント

みなさんが大好きなFXエントリーポイントの記事になります。

相場環境をぶっ飛ばしても覚えたい部分ではないでしょうか。笑

エントリーポイントを極めれば負けないと思っている方、そうではないのでそこだけは忘れないでください。当然これも大切なんだけども、FXというのは総合格闘技的な感じでパンチだけ強くても仕方ないんです。

パンチの他にキックや寝技も覚えておかないといけませんよね。それではセミナーをやっていきます。

▼▼動画はこちら▼▼

FXエントリーポイント①

今回はエントリーポイントを2部に分けて解説していきます。まずお伝えするのはいつもやっているトレンド転換からの1発目になります。

これ言っていてもなかなか出来ていない方も多いのではないでしょうか?

押し目買いであれば下げてきたら買う準備ですから。

まずは大きな環境認識をする

こちらはユーロドルの4時間足になります。このチャート図で直近では押し目をつけて上昇していますよね。この部分を今回は見ていきたいと思います。

4時間足で日足の動きを大まかに見ていくと、この画像の時点で4時間20MAレベルの前回高値を更新してきている事が分かります。

なので前回の高値を更新したので押し安値が形成されます。

また日足レベルではすでに戻り高値がずっとある状態でしたので、この時点で日足はレンジに突入という事になる。

直近では高値更新してきているので上昇の勢いが強い可能性が高い

一度、高値を更新して押し安値が完成される事によってその後売られてきたとしても押し目買いとして再度反転していった。

ここからの押し目買いをさらに考えてみる。

トレンド転換の1発目

こちらは上昇していった局面を1時間足で見ています。

この局面で大きく見ると2つの上昇が見れます。

まずはこちらの黄色のBOX部分を見ていきたいと思います。

ここでのテーマは

トレンド転換の1発目

これをしっかりと頭に入れた上で見ていって下さいね。

1時間足で上昇していくまでの動きを見ていきます。

この画像の時点では黄色の水平線を引いていますが、こちらは1時間20MAで認識出来る押し安値になります。って事は4時間レベルの押し安値だったわけです。

そして画像ではその押し安値を割り込んでいる事が分かります。

なのでこの時点では4時間が下げトレンドに突入してきたという事です。

その後の動きというのは画像の通りです。

ここで大切なのが、4時間は下げトレンドだったわけです。しかし日足は上昇に入ってきてトレンドが挟まれている事になります。

そこから大切なのが、1時間足のトレンドはどうなっているか?

これが非常に重要だという事です。画像の青色の〇ポイントをしっかり見ていきましょう。

こちらは15分足まで落とし込みました。僕も普段から見ている時間足ですね。

画像の通り、4時間は下げ、日足が上げです。

もう何回も見ている方はこの画像で何が起こっているか分かるでしょう?

瞬時に分からなかったら出直してくださいね。笑

こうですよね?

形としてはなかなか美しい形をしています。15分20MAレベルで作った1時間の戻り高値をうわ抜けてきています。という事は1時間ではトレンド転換して上昇に入っていこうかというポイントだという事です。

別の言い方をするのであれば

『ターニングポイント』

こうですよね。先読みが出来るって事です。このサイン的なものが綺麗に出ると、その後に上昇として買う準備が出来るという事です。

先読みが分からないという方はこちら

エントリータイミングはこれ

先ほどの部分で1時間が上昇に入ってきましたよね。

この時点で環境認識が

日足上昇、1時間上昇VS4時間下落

こういう感じで2対1の関係性になってきます。単純に考えて2つ同じ方向を向いている方が強いので買いで検討していきます。

1時間の転換部分を5分足まで落としました。

ここでのエントリータイミングとしては15分も上昇に転じたかなという部分が重要になります。

POINT1時間はすでに上昇の中、1つ下の15分も再度上昇に入った局面

これでエントリーをしていくのがセオリーです。

1時間が転換しても一度、押し目を待ちますよね。その押し目というのは下位足で売られてくると言う事になります。

って事はその下位足が再度、上を向いた時が1時間とも方向性が揃った時ですよね?

これでエントリーをしていくのです。

その後は素直に上昇していきましたが、上昇の仕方は色々あります。一度上昇して軽く再度押してくるパターンもあれば、このように素直に上昇していく部分など。

素直に伸びてくれるポイントでエントリーをする事も大切なんですが、

【優位性が再度揃った部分】

これでエントリーをしていく事が最重要です。

こんな感じで上昇も考えられるという事です。

大切なのは何度も言いますが、優位性が再度揃った部分でエントリーするという事。

1時間が上昇トレンドに入って戻してきた、戻してきたのは下位足レベルでは下げダウになる事(もしくはヨコヨコの持ち合いみたいになる)そこから再度、下位足レベルでも上昇に入るポイント。

上昇ダウに入っていくポイントですね。

FXエントリーポイント②

先ほどはオーソドックスな部分をお伝えしてきました。

それでは次にみなさんの頭の中にはあまりない単純な押し目買いのエントリーポイントをお伝えしていきます。

こちらの伸びた部分を詳しく見ていきましょう。

トレンド継続中の押し目買い

こちらの伸びた部分を1時間足で見ると、1時間レベル、4時間レベルともに押し安値が完成されており上昇局面なのは間違いないって事が分かると思います。

しかしながら、上昇局面だとしても伸びた先端で買うというのはナンセンスです。

やっぱり押し目買いと言われている以上は押してから考えるのがセオリーですね。

1時間は転換してない中での押し目買い

先ほどとの違いは、1時間が転換してから買うという事ではなく、すでにトレンドが発生している中での買いという事になります。

これ明確に違いますからね。

こちらはその押してきている部分を5分足で見ていきましょう。

そうすると、1時間と4時間は上で間違いないですよね。

しかし、5分20MAレベルでは下げダウになっている事が分かると思います。15分では高値の切下げ安値更新してきているという事です。

言えば15分下げトレンドが出てきている。この勢いで1時間のトレンドを転換出来るのか?売り勢力からするとそう考えます。

しかし、その後は順調に下げるかと思いきや5分20MAで作った前回の高値を更新してしまっているという事です。
って事は????

15分では上昇ダウに突入してきている。ここが非常に重要な考えです。

先ほどの部分を拡大して見てみるとこのような波形を作って下落してきて、直近では上昇ダウになっている事が分かります。

もう分かりますよね。全てが再度上昇に揃ったかな?という部分なんですよね。

FXで環境認識を怠るな

こちらは先ほどのチャート図ですが、ここで15分レベルで上昇ダウに突入したか?も非常に重要なのですが、それ以前に環境認識も非常に重要だという事です。

日足では大きくはレンジを形成中ですが、その中でも直近の流れとしては上昇ダウに入ってきており上昇が強めという事。

そして1時間と4時間もすでに上昇トレンドを形成しているという事。

その中で15分では押しとして下げてきたんだけれども

再度、上に向いちゃった?

ここなんですよね。って事は1時間や4時間はすでに上向きな中で15分も再度上に向いてしまった。なので買うポイントとしては絶好になるという事です。

これはすでにエントリーポイントを絞る前の作業でもある環境認識で確認しておかないといけない事です。

僕の環境認識は簡単です。押し安値と戻り高値を使って各時間のトレンドを確認しているだけです。

エントリーポイントに気付くコツ

みなさんはエントリーの事なかり気にしているが為に、分からなくなっている事もあるのではないでしょうか?

・エントリーチャンスに気を取られ環境認識を見逃している

・エントリーしようと思っても自分を疑って逆にエントリー出来ない

・チャート分析に主観が入っている

このあたりが非常に勝てない人でも多いです。

チャートの事実だけを追いかければいいものを自分の主観で『そろそろ売れそうだな~』とかなっちゃっている人も多いんです。トレンド転換した後も、その中でこうなったらエントリー出来るって事まで考えてる人が少ない。

トレンド転換で先読みは出来ます。売買の準備が出来るという事。

でもそのトレンド転換後の動きも、もっと観察してみてください。

今回お伝えしたポイントとしては

POINT・トレンド転換してからの1発目

・トレンド中の押し目買い

エントリーのタイミングなどは多少ずれますが、トレンドの考え方はいずれもトレンドが足並みを揃えて優位性が出た瞬間だという事を理解してください。

各トレンドを認識する

これは僕の基準化FXでやっている事ですが、この基準を僕が直接やり取りした人でもまだ理解出来ていない人もいます。かなり簡単にしているつもりですが、ここがズレていてはトレードになりません。

特にレンジ相場に入った時など、結構みなさん判断出来ていない事がありますからね。ちゃんと動画やサイト見るだけではなく、頭で理解するだけではなく、言えるぐらい過去検証して練習してください。

本当に理解してほしいレンジ相場

押し目なら下げてきたら準備する

また押し目買いや戻り売りというものは基本的に戻して来たら準備する事なんです。

押し目買いであれば戻してきたら、もうそのまま下げていきそうという方います。その考え方いい加減にやめましょう。

FXでトレンドフォローですら勝ててない方はその下げを取ろうとすると本当に大負けするので。

1時間が転換してない中で下げてきたら逆に買うチャンスでもある。

こうやって目の前の値動きにつられる事なく考える事も大切です。

FXエントリーポイントまとめ

さて今回は2つのエントリーパターンをお伝えしました。

この中でも非常に重要な事をお伝えしてきました。

・トレンド転換からの買い

・トレンド継続中の買い

これのどちらをするにしても基準である押し安値と戻り高値の存在が必要になります。なのでしっかりとこの基準を押さえた上で直近のダウですよね。

これもしっかりと見ていくようにしてください。

そして慌てて気付いているようであれば、まだまだ鍛錬が足りません。鍛錬して頭で分かっているだけでは使い物になりませんので。

過去チャートやリアルでこうなったら買える、売れる。先読み出来るようになってください。

本気でFXと向き合って早く勝ち組への階段を上がっていきましょう。