FX初心者がテクニカル分析を行う前に気を付ける事

FX初心者

本日はFXの初心者に向けて記事を書いていこうかと思います。

FXをやり始めたらまず何からするのか?って事になりますよね。そしてぶつかるのがテクニカル分析という壁になります。

簡単にテクニカル分析って言ってもやり方はかなりありますので、僕が実際に使用しているテクニカル分析のご紹介とFX初心者に気を付けてほしい事を書いていきます。

FXテクニカル分析

まずはテクニカル分析をご紹介していきます。テクニカル分析というものは、基本的にツールを使って相場の状況を分析していく手法です。

簡単に種類を全部ではないですが書いてみます。

・移動平均線

・水平線

・ボリンジャーバンド

・MACD

・RSI

・パラボリック

・ストキャスティック

・ピボット

・一目均衡表

・フィボナッチ

・ローソク足

もう書くのが嫌になったので軽くご紹介しました。これ以上あると思います。僕も全部知ってるわけではないですから。

このような様々な言えばツールみたいなものを使ってチャートに入れて分析していく事がテクニカル分析ですね。おそらく手法は数えきれないほど存在すると思います。

FXファンダメンタル分析

いっぽうでテクニカル分析の反対がファンダメンタル分析になります。

これは経済の状況を分析したりする事で想定していく分析方法になります。たぶんね。笑

たぶんって!

僕はやらないから知らないだけなんですけどね。

簡単に言えば、各国の経済指標、金融政策、要人発言などを主に分析してトレードしていくスタイル。

FX初心者がテクニカル分析をする時の注意点

はい、ここからFX初心者がテクニカル分析していくうえでの注意点を書いていきます。

おそらくしっかりと注意する部分を押さえておかないと、後からしんどくなると思いますので。

2つを気にしない事

あなたはテクニカル分析?あなたはファンダメンタル分析?

どっちですか?というお話しです。これは何を言いたいかと言うと、2つとも学んでも意味ないって事です。それを使いこなせる人は限りなく少ない。

テクニカル分析をするなら、徹底的にテクニカル分析のみにするべきなんです。

ただし、重要な経済指標や要人発言は少し気を付けた方がいいです。

例えば有名な雇用統計。これは発表された瞬間などはテクニカルをフル無視ぐらいで動く時ありますので。そういう大きく変動する発表や要人発言などは予想せずに気を付けておくって事です。

全て勉強する意味はない

よし、それじゃーテクニカル分析を学んでいこうと思っても落とし穴があるわけです。

それはテクニカル分析を全て勉強しても全く意味がないって事。

テクニカル分析は本当に腐るほどある。笑

また同じテクニカル分析って分野でも使い方が様々なんですね。そんな様々なテクニカル分析を勉強して覚えた所で使えませんから。

なので意気込んで、全てのテクニカル分析を網羅してやろうとか思わないでくださいね。

特にFX初心者の人は勉強してもっと知識をつけなきゃ!って思いがちなんで。

日本人は真面目なんですがFXではそれが裏目に出ますから。。。

FXではまず1つでいいからエントリーやトレードのスタイルを確立する事です。

1つを極める記事はこちら

僕が使用しているテクニカル分析

それではここまでテクニカル分析やファンダメンタル分析、また分析をしていく際の注意点を書いてきました。

ここからは現在も進行形で僕が使っているテクニカル分析をご紹介します。

水平線(ライン)

基準をつけた水平線

基準をつけた水平線

まずは誰でも見たことがあるのではないでしょうか?

水平線ですね。よくラインとも言われるものです。

この水平線。これをどうやって使うかが大切だっていう事なんです。どこでも引けばOKなわけないんです。なんとなく、このあたりが何度も止められているから引いておこうとか。

しっかりと基準をもって引く事が大切です。

その基準となるのはもちろん押し安値と戻り高値

移動平均線

基準をつける為の移動平均線

基準をつける為の移動平均線

テクニカル分析の代表格と言っても過言ではないですね。それぐらい有名なツールです。僕も、もちろんこれを使っています。

この移動平均線は基準を描いてくれるツールなんですね。とっても重宝するのが移動平均線です。

ダウなんかも移動平均せで見ると楽ちんですね。

フィボナッチ

戻しを見る為のフィボナッチ

戻しを見る為のフィボナッチ

最後はこれ。

フィボナッチは以前は使っていませんでした。ある意味、僕はその局面を感覚で捉えていたんですが人に伝える時に基準があった方がいいよねって事で入れました。

実際に自分でも使用してみると、面白いぐらいに相場が見えてくる頼もしいツールでもあります。

エントリーをある意味、先読みさせて頂けるツール。待ち構える事ができるんですよね。

エントリーの先読みをまだ知らない方はこちら

フィボナッチリトレースメントの使い方を知りたい方はこちら

僕が使用しているテクニカル分析っていうのはこの3つになります。

たったの3つだけでいいんです。たま~に違うものも使いますけどね。最初はこれで相場の流れや反転どころっていうのが見えてきます。

これでも勝っていけるって事を知ってほしいなと思います。

テクニカル分析は完璧ではない

あとお伝えしておきたい事があります。

テクニカル分析を仮にマスターしたからと言って、相場の全てを把握できると思わない事です。

僕も分析していて分からないな~って所があります。特に大きな時間足でのレンジ。その他にも分からない所ってあるんですよ。

でもFX初心者の人って専業トレーダーやプロトレーダーって全てが分かっていると思っている人が多いです。

そうじゃ~ないって事です。

分かるところをいかに丁寧にトレードして利益を重ねていくかが大切なんです。

なので、自分がやっているテクニカル分析で全て解決しようとしない事。

分からん所は分からん!それでいいんです。

テクニカル分析のまとめ

それでは最後にFX初心者がテクニカル分析をするうえで気を付ける事をまとめますね。

POINT・テクニカル分析ならテクニカル分析だけをやる

・多くを知っても無駄だという事

・テクニカル分析は完璧ではない

・分かる部分をテクニカル分析をしっかり使う

このあたりをしっかり頭にインプットしてください。

最初は色々とツールを使うのが難しかったり分からなかったりします。でも諦めないで相場に向き合う事
。それで必ず道は開けてきます。

FXも結局は自分次第という事です。