FX勝率を上げるのは容易だというお話し【結局は基準を作る事】

FX勝率

FXは当然、勝ち負けの世界ですよね。なので勝率というものが存在します。

勝率というものは、当然ながら高くなければなりません。だって負けない方がいいですよね。そんなFXで勝率をどうあげたらいいんだろうかと悩んでいる人へ向けてお伝えしていきます。

▼▼動画はこちら▼▼

FXの勝率を上げるのは再現性

さっそく書かせて頂きました。勝率を上げるのは再現性だという事です。

再現性って何よ?って思う人にお伝えします。

FXというものは何もアクロバティックにトレードするものではないんですよ。自分の形やパターンがきたらエントリーするってお仕事です。

その結果、勝率がどれぐらいかという事です。

でもその自分の形やパターンに基準がないから、同じ事をしてるようで違う事をしている時もあるんです。その再現性が不透明って事です。

基準がないから再現性がない

FX勝率

FX勝率

僕のサイトや動画ではお伝えしている部分ですね。

もう常連の方は聞き飽きてんだよ!って怒られそうですが、基準です。

チャートを見る基準をつけないと、主観の世界なんです。その主観でずっと相場と合っていれば問題ないですがブレてきます。

感覚で勝ち続けれる人もいますが、僕は自分を信用していません。笑

だから何かの基準を作って、それに従ってトレードをしています。基準があるからこそ再現性が高く、ある程度同じ事を繰り返せるという事になります。

毎度、同じ事を相場のチャート形状から読み取る基準によって判断している。だからこそ、再現性が高く勝率も安定してくるという事。

感覚で人に伝えても分からないですからね。

移動平均線1つにしても、みんな使い方がバラバラでしょう。そんなバラバラや感覚で聞いたり見たりしたものを使いこなすなんて出来ません。

再現性がないからです。

少し長くなりましたが、FXで勝率を上げるのは再現性があるかないか重要ですので覚えておいてくださいね。

再現性の真骨頂はこちら

FXの勝率は低くていいわけない

ここはね~勘違いしている人も結構多いかと思います。

確かにサイトでも勝率低くてもリワードが大きいと良いって書いてるサイトもあります。

でもね、そのリワードって必ず訪れるものですか?って僕は聞きたい。笑

そんな予知能力あれば、誰でも勝てるっていう事なんですよね。そんな先のお話しをしても仕方ないんです。

勝率は低くていいわけがない

ここは妥協しないでください。特にデイトレードをしている人は覚えてくださいね。

リスクリワード

先ほど書きましたが、リスクリワードの問題でもあるのは確かなんですね。

FXって分かるものが1つだけあるんです。

それはリスク

何故リスクが分かるかって?だって損失でもある損切りは自分で設定するでしょう。そして損切り部分まできたら確実に損失が確定します。

それは自分で許容しているリスクなわけです。なのでリスクだけは分かっている状況なんですね。

一方でリワードの利益です。

利益っていうのは正直に言ってどこまで伸びるかはある程度、想定は出来るものの必ず自分が設定した部分までいくかどうかは分からないんです。

ここ明確に違いますよね。なのでリワードが不透明である以上はFXにおいて勝率が低くていいわけがないって事なんです。

損失は分かっているけど利益はあくまで不透明ですからね。

ただし理想的な利益確定を知りたい人はこちら

FX勝率を上げる為に

ここまでは勝率が低くていいわけがないっていう事と、FXには再現性が大切という事をお話ししてきました。次はFXの勝率を上げる為に大切な事について書いていきます。

負けにくい部分を知る

これは当然だと思います。負けにくい部分を知る事です。

FXには優位性というものは存在します。少し指標は省略しますが、大きく伸びていく部分というのはそれなりに根拠が揃っている事が多いです。

そういう負けにくい部分を知る事が大切です。

それはどの時間足のトレンドなのか?

押しポイントなのか?戻り目ポイントなのか?

そういう様々な要因を探って負けにくいポイントを知る事が大切です。

FX勝率

この画像もそうですね。このサイトをしっかり読んでいる人であれば分かる事。

冒頭の方で言いましたが、僕はそのトレンドなどに関しても基準をつけているという事です。このトレンドに関しても基準があるからこそ分かるし、様々な要因も基準をつけているから見えてくるって事です。

伸びる部分を知る

これは先ほどと同じ事とも言えます。

相場には負けにくい部分=伸びる部分っていうポイントがありますね。

伸びる部分っていう表現で言えば、自分がエントリーした後にもエントリーしてくれるトレーダーがいるのか?みんなが一斉に買ったり売ったりしたいかなんて事。

伸びる部分の表現としては、損切りもそうですね。

例えば自分が買うって時に、それまで売りポジションを持っているトレーダーの利益確定の買い、もしくは損切りも重なっているかも大切です。

注文がたくさんあるからこそ相場って動いていきます。

そういった伸びる部分を知る事も大切です。

まずは環境認識をしっかりと知る事。

基準を作ってパターン化

この負けないパターンや伸びていく部分をパターン化していく事が大切です。

そこにしっかりとした基準をつけてトレードを繰り返していく事です。

何も複雑な作業はいらないって事なんです。

絶対に負けないわけではない

どれだけ基準を作ってもパターン化しても当然負ける事ってあるんですよね。

でもそこで、どうするか?相場を疑うのか、自分を疑うのかで違いがあります。聖杯探しをしているトレーダーの方はよく、少し使ってみたけど勝てませんって言います。

本質をしっかり理解する前にやめる人。これはいただけません。

なぜ青色の矢印のように下がっていったのかはこちら

負けた時は素直に相場と向き合う

負けた時に何をするか?

それは振り返りをする事です。今回は負けても良かったのか?それとも主観が入ってしまったのか?などの振り返りをしっかりする事です。

負けは全てがダメという事ではない。

正しくエントリーして正しく負ける事もあるという事です。

でも振り返りをしっかりする事によって、経験になり蓄積出来てくるという事です。負けをどう活かすかは自分次第だという事です。

FX勝率を上げるのまとめ

ここまでFXの勝率を上げるお話しをしてきました。

POINT・勝率を上げるなら再現性

・再現性を作るなら基準

・負けにくい部分や伸びる部分を知る事

・負けたとしても振り返りが大切

FXは勝率は高い方がいいのは当然です。勝率を上げていくにはしっかりと基準を作ったうえで再現性を高めていけば、勝率は自然とアップしてきます。

この作業をしなくて、動画を見てるだけ、サイトを見てるだけでは勝率は高まりませんからね。なので自分の頭を使ってチャートと向き合って検証する事も忘れないでください。