FXテクニカル分析おすすめたった3つだけ【高い再現性】

FXテクニカル分析おすすめたった3つだけ

テクニカル分析ってなんだか難しいんだよな~って思っている人がいるのではないでしょうか?

また色々なサイトで、もうこれでもか!ってぐらい紹介されて迷いますよね。

僕も最初は見過ぎて迷子になりました。笑

そんな迷子な考えをこの記事ではスッキリさせていこうと思います。

FXテクニカル分析おすすめの3つ

僕はたった3つだけを使っています。この3つと見て『少なくないですか?』と思う人はテクニカルの重病人です。

いっぱい使えばいい物でもないという事ですからね。それではご紹介していきます。

移動平均線

はい!これはド定番中のド定番でしょう。

移動平均線は相場の方向性は視覚的に見えやすい事です。

移動平均線

また移動平均線を複数表示させる事によってある程度、自分が見ている時間足よりも上位足の方向性も掴みやすいですね。

移動平均線

こちらは3本の移動平均線を入れています。

ちなみに設定方法はこちらに書いていますので参考にしてください。

移動平均線を3本入れる事によってさらに見えてくるものがありますね。

【グランビルの法則】

グランビルの法則

黄色の〇ポイントなんかは長期移動平均線も上昇中で中期に対して短期がグランビルの法則が働いていますね。

移動平均線を使ったトレードとしてよく紹介されています。

これも視覚的に分かりやすく初心者から専業のトレーダーまで幅広く使われているテクニカル分析です。

押し安値と戻り高値

次は押し安値と戻り高値になります。

押し安値戻り高値は各時間足にあります。各トレンドの転換点になる部分です。

この押し安値や戻り高値を更新した後が重要になってきます。

戻り高値

こちらはとある日のドル円になります。

時間足は15分足です。黄色の〇で囲った高値が1時間足の戻り高値です。この戻り高値を更新した後は強く上昇しているのが分かると思います。

これは1時間足ではトレンドの転換と、それまで売っていたトレーダーの損切りと利益確定の注文、さらに新規の買いも重なる事によって上昇しています。

注文が重なるって素敵な事です。笑

素直に思惑の方向へ伸びていってくれる事が多いです。含み損を抱えて悶絶する時間も少ないですからね。

ただ押し安値や戻り高値って見極め難しくない?って人はこちら

フィボナッチ

さてこれで最後のテクニカル分析のご紹介になります。

値動きの神髄をあくまで先行して予測できるツールがフィボナッチになります。

フィボナッチと言ってもフィボナッチリトレースメントです。

数値としては0%、23.6%、38.2%、50%、61.8%、76.4%、100%

この中で使っていくのは38.2%、50%、61.8%

この3つで十分です。フィボナッチリトレースメントは基本的に上昇した局面であれば、次の押し目を捉えやすくしてくれるツールとも言えます。

上昇後の戻してきている時にフィボナッチリトレースメントを使う事によって、だいたいこのあたりで下げ止まる可能性を先にフィボナッチリトレースメントを測る事によりシナリオを立てれます。

フィボナッチリトレースメント

一度強めの上昇した後の戻しがどのあたりで下げ止まるかを見ていくツールとご紹介しました。

※もちろん前提で相場環境が合ってないとダメですよ!

この局面では61.8%で下げ止まり、その後に上昇していきました。

移動平均線とも似ている部分としては視覚的に分かりやすい事です。また戻してきた際に待ち構えやすい点もとってもいい部分と言えます。

フィボナッチリトレースメントが不明な人はこちらの記事を読んでください。

本当にこの3つだけ覚えればテクニカル分析は問題ありません。

多く覚える必要はまったくない

先ほどたった3つだけのテクニカル分析をおすすめさせて頂きました。

なぜ3つだけ?と思う方は最初にも書きましたが、結構やばいと思ってください。

本質を忘れているんです。テクニカル分析はあくまで補助です。本質は値動きですからね!

たくさん知ったからって勝てるわけではありません。

変なサイトの知識バカになるな

みなさんも色々なサイトを見てきたと思います。僕もそのうちの1人だった事に間違いないんです。

その時は必死に勝てる方法を探すわけなんですが、それが逆に遠回りなんです。

知識ばっかりは頭に入るんですよね~。

特に中級者ぐらいで何でも知ってるけど勝ててない人に多いです。

そういう人は『知識をそぎ落とす事』にも意識を向けてみてください。

紹介したたった3つのテクニカル分析での実例

僕がご紹介したテクニカル分析は3つ

POINT・移動平均線

・押し安値と戻り高値

・フィボナッチ
(リトレースメント)

この3つを組み合わせてさっそく見ていきましょう!

テクニカル分析実例

こちらはポンドドル1時間足になります。直近では下落してきて少しレンジを形成しているように見えますね。ではここで移動平均線を入れてみましょう。

テクニカル分析実例

移動平均線を先ほどの1時間足に3本入れてみました。青色が短期赤色が中期黄色が長期です。

長期の移動平均線を見ても下に傾きつつあるので大きな時間足でも売りが少し強くなっているようにも見えます。なので基本的には売りを考えます。

テクニカル分析実例

次に1時間足で押し安値に水平線を引いてみました。これは時間足で言えば4時間足の押し安値になります。売りが強い相場なので1時間レベルの押し安値割れでもOKです。

この押し安値を割り込んできましたね。今回は分かりやすくする為に時間足を固定してます。

そして登場するのがフィボナッチリトレースメントです!

テクニカル分析実例

押し安値を割り込んできたのでトレンドが再度転換したというわけです。なのでその押し安値を割り込んだ起点から戻してきた安値にフィボナッチリトレースメントを引いてみます。

そうすると38.2%で上げ止まり、そこから下落し押し安値に再度レジスタンスされて大きく下げていきました。

テクニカル分析実例

このように一連の流れで実例をご紹介しました。

流れを再度確認していきますね。

・移動平均線で流れを確認する(グランビルなども)

 

・押し安値や戻り高値を更新したか確認する事

 

・押し安値や戻り高値を更新したらフィボナッチリトレースメントで待ち構える

 

・しっかりとレジスタンスやサポートを確認

このような流れになります。

あとは、これをどの時間足から入っていくのかです。先ほどは1時間足のみで解説していきました。

これは各時間足から考える事が出来ます。なのでデイトレであれば最低でも1時間足には逆らわない事

また4時間足もエントリーする方向に向いてくれていればなお最高という感じです。

テクニカル分析は100%ではないが精度は上がる

テクニカル分析は100%ではありません。あくまで今現状の相場に対して使えるという事です。

例えばこの方法を1回やってみてダメだった。使えないじゃんという人はまず勝つ事はないんじゃないかと思うわけです。

どこでも通用するテクニカル分析なんてありません。

あとは難しい局面でいくらテクニカル分析を駆使しても分からない事もあります。

結局FXで一番大切な事ってチャートが綺麗でみんなが分かりやすい部分ってのが大切なんです。

でもここに書いた

たった3つのテクニカル分析

POINT・移動平均線

・押し安値と戻り高値

・フィボナッチリトレースメント

これだけでも十分に負けにくく、勝率を高めれるテクニカル分析と言えます。

FXテクニカル分析おすすめのまとめ

さて今回はFXテクニカル分析のおすすめについて書いてきました。

もう一度お伝えした事をまとめますね。

移動平均線は方向性を見ていく。複数表示する事によって自分が見ているよりも上の時間足の方向性もある程度把握できる。

押し安値や戻り高値。各時間足で存在します。そこを更新していくとトレンドの転換となっていく部分。

フィボナッチリトレースメント。その重要な部分を突破してきた時にどれぐらい戻してくるか?を視覚的に見るツール。

この3点だけで十分戦えます。

あとは、このテクニカル分析を活かして相場環境をまず最優先に把握する事です。

色々と知識で頭でっかちになっている人はぜひ一度、持っている物をそぎ落としてやってみてください。